借金返済できない

借金返済ができない時に、各債権者に延滞中の猶予を相談して回ったり、電話をかけたりする事は、時間的にももったい無いですし、何より精神的にも追い込まれるので、オススメできる方法ではありません。

 

そのような、借金返済ができない状況の時には、

 

借金返済をしないで、借金問題を終わらせてしまう方法を使う

 

というのも、一つの方法と言えます。

 

 

当サイトでは、借金返済ができない、そんな時に取りうる手段として「債務整理」と呼ばれる、借金問題の解決方法について、元消費者金融社員だからこそ知り得る情報の全てをここで紹介していきたいと思います。

借金返済 相談

借金返済が出来ない時、債務整理を活用するのが良いと先ほど書いたのですが、実際に債務整理をする事によってどうなるのか?

 

についてですが、それぞれの債務整理の方法によって効果というのが変わってくる事になりますので、ここではまず債務整理にはどのような方法があるのか?について、簡単に述べたいと思います。

 

債務整理は大きく分けて4つの方法があります。

 

  1. 任意整理 過払い金返還請求も含めてですが、債権者と債務者の間で和解交渉を行い、将来利息のカットや元金の減額など、債務者の返済が継続可能な場合に分割もしくは一括返済をする事で解決を図る方法。
  2. 特定調停 任意整理とは違って、債権者と債務者の間に裁判所の調停委員が介入する事で、任意整理と同じような和解交渉を行い解決を図る方法。
  3. 民事再生 債権者と債務者の間で再生手続きを通して、再生計画を立案し、双方が納得する計画をもとにして債務者の再生を目指す方法で、大幅に債権を圧縮する事も可能な方法。
  4. 自己破産 破産手続きと免責手続きとを行う事で、借金自体をチャラにする事が可能な方法。ただし、免責不許可事由があったり非免責債権に該当するものは自己破産をしても借金返済義務が残ります。

 

つまり、借金返済ができない場合、上記4つのいずれかの債務整理の方法を持って借金返済をし終える事なく、他の方法で借金返済をしてしまったと同じ効力を得る事で、借金問題を解決してしまうのが一番の早道という事なのです。

 

一方、債務整理の方法は有効・・・・

 

というのが分かっていても、一人で手続きをするには法律の事が絡む事も多く煩雑ですし、債権者の担当者も簡単に妥協してくれるものではありません。

 

 

そこで、債務整理の手続を取る方の多くは、本人の代わりとなって債権者の交渉や裁判や書類の手続きなどをしてくれる代理人として、弁護士や司法書士へと相談するのです。

 

しかし、一言に弁護士や司法書士と言っても、債務整理に長けた弁護士や司法書士、また金額をはじめとする代理人となる条件としてマッチングしている方を見つけるのは、さほど簡単な事ではありません。

 

そんな方に、当サイトでは元消費者金融社員が債務整理をするのであれば確認したい、

 

  • 債務整理の経験、交渉に長けた事務所かどうか?
  • 代理条件がより有利になる代理人をどうやって探せば良いのか?
  • そして、何よりも借金返済ができない苦しい状況を理解し、共に一歩を踏み出してくれる信用できる代理人を探すにはどうすれば良いか?

 

について、ランキングでまとめましたので、借金返済相談先を探すお役に立てればと思います。

 

 

街角法律相談所

街角法律相談所の特徴

【費用】
相談料 0円

街角法律相談所は、全国で債務整理の相談を行っている、信頼と実績ある事務所の中から、相談フォームで3つの質問に答えるだけであなたに最適な事務所を探してくれるシミュレーションツールです。

相談料 0円
評価 評価5
代理区分 弁護士/司法書士
街角法律相談所をオススメしたい方

街角法律相談所は、シミュレーション時に

 ・実名登録は不要(匿名OK)
 ・住所登録は不要(個人情報が漏れない)

のが、一番の特徴なのですが、何よりオススメの点がたった3つの質問に答えるだけで借金相談先を見つける事が出来るという手軽さです。

借金相談で一番大事な事は、「どこで、誰に相談するか」ですので、いきなり事務所に電話する事に抵抗がある人にこそオススメです。

 
 

杉山事務所

杉山事務所の特徴

<費用>
・メールによる無料相談可能。
・着手金 不要

◆任意整理
・債務が残存する場合 50,000円 債務がない場合 5,000円

◆過払い金
・過払い金の成果報酬 返還額の19.95%

【相談エリア】
全国
※事務所は、東京、大阪、名古屋、福岡、岡山、仙台、広島にあります。

フリーダイヤル 0120-092-877
※フリーダイヤルは無料通話なので、安心してご相談下さい。

相談料 0円
評価 評価5
代理区分 司法書士
杉山事務所をオススメしたい方

妥協無く、過払い金返還請求したい、より多くの金額を返還して欲しいと望む方は、杉山事務所が実績日本一と申し分ありませんので、オススメです。

費用の分割相談をしたい方、わかりやすい相談を希望される方や、全国で高い実績を誇る司法書士をお探しの方向けです。

 
 

ふづき法律事務所

ふづき法律事務所の特徴

【費用】
・初期費用 0円

◆任意整理
・着手金 債権者1社あたり39,800円(税別)
・報酬金 債権者1社あたり19,800円(税別)
・事務手数料 一律30,000円(税別)

■完済済み過払い金返還請求
・着手金 無料
・報酬金 債権者1社あたり19,800円(税別)
・減額報酬 10%
・過払い報酬 返還額の20%(税別)
・事務手数料 一律30,000円(税別)

■自己破産(同時廃止)
・着手金 300,000円〜(税別)
・報酬金 200,000円〜(税別)
※少額管財の場合、着手金 400,000円〜(税別)、報酬金 200,000円〜(税別)となります。
※全国共通で手続きの際に発生した実費は事務所で負担。

■個人再生(住宅無し)
・着手金 250,000円〜(税別)
・報酬金 300,000円〜(税別)
※住宅有りの場合、着手金 300,000円〜(税別)、報酬金 300,000円〜(税別)となります。
※全国共通で手続きの際に発生した実費は事務所で負担。

【相談エリア】
全国
※事務所は、東京にあります。

フリーダイヤル 0120-541-047
※フリーダイヤルは無料通話なので、安心してご相談下さい。

相談料 0円
評価 評価4
代理区分 弁護士
ふづき法律事務所をオススメしたい方

弁護士事務所にしては珍しく、債務整理の費用の分割払いが可能です。

いつまでも借金返済が終わらない、借金返済に疲れたり、困っているという方、また債権者からの取り立て行為が止まずに精神的にまいっているという方は、親身に相談に乗ってくれる弁護士在籍のふづき法律事務所がオススメです。

 
 

アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所の特徴

【費用】
・初期費用 0円
・減額報酬 0円

◆任意整理 債権者1社につき50,000円、
◆過払い金返還請求 上記手数料+成功報酬 1社につき20%(訴訟の場合は22%)
※別途事務手数料が必要な場合があります。

◆自己破産 250,000 円(消費税別)
※管財事件の場合は、別途費用が発生します。
※その他、予納金、申立印紙代などの実費(概ね30,000円前後)がかかります。

◆民事再生 280,000 円(消費税別)
※住宅ローン特別条項を利用する場合、100,000円(消費税別)が加算されます。
※その他、予納金、申立印紙代などの実費(概ね30,000円前後)がかかります。

◆特定調停 8社まで20万円、以降1社あたり2万円必要です。
※別途事務手数料が2万円かかります。

【相談エリア】
全国
※事務所は、大阪にあります。

フリーダイヤル 0120-139-510
※フリーダイヤルは無料通話なので、安心してご相談下さい。

相談料 何度でも0円
評価 評価4
代理区分 司法書士
アヴァンス法務事務所をオススメしたい方

アヴァンス法務事務所は、債務整理の手続きにいち早く乗り出し、過去の実績は豊富、安心して任せられる司法書士事務所として有名です。

法律事務所の中には、任意整理をしたくても1社しか借入が無い場合に受任してくれないところもありますが、アヴァンス法務事務所は「1社からでも親身に相談に乗ってくれます」し、減額報酬が0円なので過払い金返還請求や任意整理の手続きを行う際に、費用が抑えられる可能性がありますので、オススメです。

 
 

天音法律事務所

天音法律事務所の特徴

【費用】
初期費用 0円

◆任意整理
着手金 債権者1件につき\39,800(税別)
報酬金 債権者1件につき\19,800(税別)
減額報酬 10%(税別)

◆過払い金返還請求 回収額の20%(税別)、訴訟の場合は25%
※完済済みの過払い金請求は、着手金が不要です。

【相談エリア】
全国
※事務所は、東京にあります。

フリーダイヤル 0120-541-025
※フリーダイヤルは無料通話なので、安心してご相談下さい。

相談料 何度でも0円
評価 評価4
代理区分 弁護士
天音法律事務所をオススメしたい方

様々な理由で借金をされた方の救済されてきた実績は申し分無し、それぞれの借金を抱えた背景、事情から、債務額に合わせてあなたに最適な債務整理の方法を提案してくれます。

また、弁護士事務所の中でも、費用については明瞭会計かつ分割での費用負担も対応してくれますので、安心して受任をお願いする事が出来ます。

 
 

新大阪法務司法書士事務所

新大阪法務司法書士事務所の特徴

【費用】
初期費用 0円

◆任意整理
・着手金 0円
・基本報酬 債権者1社につき2万円(税別)
・減額報酬 10%(税別)
※最低2万円からになります。

◆過払い金返還請求
・返還額の20%

◆個人再生
・35万円〜

◆自己破産
・25万円〜

※それぞれの手続は、別途事務手数料や実費がかかる事がありますので、注意しましょう。


【相談エリア】
全国
※事務所は、大阪にあります。

フリーダイヤル 0120-665-049
※フリーダイヤルは無料通話なので、安心してご相談下さい。

相談料 0円
評価 評価4
代理区分 司法書士
新大阪法務司法書士事務所をオススメしたい方

業界内で任意整理の基本報酬が2.0万円は安い基準にはなりますが、過払い金返還請求の場合は、減額報酬が発生します。

減額報酬は、弁護士事務所が請求する事が一般的で、司法書士事務所で請求する事務所はあまり見かけません。

よって、債務状況によっては、費用が増えてしまう可能性もありますので、他事務所との見積もり比較で使うのが良いでしょう。

 

借金返済 コツ

ここまで借金返済をするよりも債務整理をする事で、コツコツ返済する時間や労力、そして何より精神的な負担を軽減する事に繋がるという事を述べてきました。

 

しかし、借金返済を続けていきたいという方も、中にはいるかと思いますので、元消費者金融社員がお教えする、「借金返済、そして完済を目指すコツ」というものをここで紹介したいと思います。

 

 

借金返済ができる契約条件を引き出そう!

まず最初に、借金返済を続けるにしても、現在の契約条件のままでは「利息返済が続いている」、「元金が全然減らない」と感じている方がいらっしゃれば、まずは「各債権者と交渉し、返済継続が出来る条件を引き出す」事から初めて下さい。

 

 

見たことありませんか?債権者の契約条件

個人の融資で借入する債権者の多くは、貸金業者と呼ばれる消費者金融だったり、銀行系カードローンにあたるかと思うのですが、これらの金融業者は「ある程度の金利幅を契約条件に掲載している事が多い」です。

 

多く見られるのが、

 

貸付条件表

 

こちらのような契約条件表というものが、ATM、自動契約機、店舗に添付されているのですが、この中で金利に関しては「○.○○%〜18.00%」といった表示をしています。

 

これは、そのあいだの金利帯であれば、契約する事が可能という事を示していますので、極端な話ではありますが最低金利を利用していないのであれば、最低金利に引き下げてほしいという事を交渉する事で、より良い条件を引き出せる可能性が有るのです。

 

もちろん、相手も利益を上げなければいけませんので、交渉をするのは自由ですがより良い条件を引き出すには、現状をお話しされた上で、しっかりと相手の心に印象づけるようにしなければなりませんので、一筋縄ではいかない借金相談になる事は覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

 

債務整理をする事を匂わせて契約譲歩

次に、債務整理をする事を匂わせる事で、借金返済ができない窮状を理解してもらい、その上で契約条件の譲歩を迫るという交渉方法もあります。

 

消費者金融をはじめとする債権者からすると債務整理をされて自己破産をされたり、民事再生をする事は大きな損失ですし、金利を引き下げてでも、通常の債権として扱う方が良かったりする場合もあります。

 

相手の弱みに漬け込む事で、借金返済ができないという事を理解してもらう、そのような状況に持っていく事も良いでしょう。

 

 

このように、借金返済できない場合、借金返済をしないで借金問題を解決する事こそ、円滑に借金返済を進めるコツの一つでは無いかと言えます。

借金返済シュミレーション

最後に借金返済に関するシミュレーションとして、任意整理をした場合と借金返済をそのまました場合における違いについて、表でまとめましたので、参考にして下さい。

 

なお、借金返済のシミュレーションとしては、50万円を18.00%で利用した場合という前提でシミュレーションをしていきますので参考にして頂ければと思います。

 

  通常通り返済 任意整理
契約条件 50万円の元金を18.00%で返済し続けた場合で借金返済シミュレーション 50万円の元金を将来利息をカット(0%)で返済し続けた場合で借金返済シミュレーション
借金返済額 10,000円で借金返済シミュレーション 10,000円で借金返済シミュレーション
借金返済総額 698,327円 500,000円
利息負担額 198,327 円 0円
返済回数 47回 50回

 

上記の借金返済シミュレーションの中で、あえて任意整理をする場合は毎月の返済額が下がる事が多くありますので、あえて返済額を下げていますが、仮に10,0000円の返済額で同じシミュレーションの場合は、以下の通りになります。

 

 

  通常通り返済 任意整理
契約条件 50万円の元金を18.00%で返済し続けた場合で借金返済シミュレーション 50万円の元金を将来利息をカット(0%)で返済し続けた場合で借金返済シミュレーション
借金返済額 15,000円で借金返済シミュレーション 10,000円で借金返済シミュレーション
借金返済総額 931,021円 500,000円
利息負担額 431,021円 0円
返済回数 94回 50回

 

返済回数では47回、利息にすると232,694円もの差額が出る事になり、それだけで返済が大変な印象を抱くかもしれませんが、このような違いが大きく出ることもあるのです。

 

よって、借金返済を頑張ってしていくという事も一つの選択肢ではあるかと思いますが、はるかに借金返済を地道にコツコツと進めるよりも、早く借金から開放され、返済を続ける精神的な負担からも開放される事になるという点では、債務整理を有効に使う事は必要な手段だと言えるのでは無いでしょうか。

 

 

是非、今借金返済を毎月するだけでも負担、精神的にも病んでしまいそうだ、借金返済が出来なくなったらどうしよう・・・

 

という不安を感じていらっしゃる方がいれば、当サイトの情報を元に、お役立て頂ければ幸いです。

 

また、当サイトでは不定期ではありますが、「借金返済」に関する様々な情報を更新してまいりますので、より専門性の高い情報を手に入れたい方は、こちらも参考にして頂ければと思います。

更新履歴